Samiitosu Information&Talk

「丸読み」「段落読み」のススメ

 

 

 

 

この休校中の期間、親子で国語力をアップいたしませんか?

 

 

普段の個別指導で、

長文を読むときに、「丸読み」をよくしていました。

丸ごと、つまり1つの文ごとに、交代して文章を読んでいくという

学校現場でよくされている手法です。

 

個別指導にてやってみると、意外や意外!

小学生も中学生も

女の子も男の子も

嫌がらず、むしろ嬉しそうに、私といっしょに交代で

「丸読み」をしてくれるのです。

 

 

私は、自分が学生のときに「音読」が苦手で「丸読み」が嫌いだったので

このことは、ビックリでした。

生徒たちは一生懸命、「音読」してくれます。

私も、良い背中をみせようと^^;

文の意味を考えながら、時に感情を込めて、読みます。

生徒とのこのキャッチボールは、とても楽しいものでした。

 

受験指導の時期でも、入試問題の過去問を生徒さんと「丸読み」。

長い文章は、「段落読み」。

評論文でも小説でも、過去問は、素晴らしい文章ばかりで!(^^)!

ものの見方を広げることができたり、人生観を多様化することができる

きっかけを与えることができるのです。

 

 

そうして、楽しく「丸読み」をしていくことで

なんと!!生徒さんの国語の成績がアップすることができました。

まるで。生徒さんと交代で読み聞かせをするように

文章を味わい、楽しむことができた結果だと思います。

「国語の学習が楽しい」と、初めて感じた瞬間でした。

 

 

この休校中の期間、親子で国語力をアップいたしませんか?

 

学校から、教科書が配布されたかと思います。

新しい教科書には、まだ読んだことがない

文章がキラキラ潜んでいます。

 

この文章を、ぜひ

お子さまと交代で「丸読み」してください。

 

 

ポイントは、

①お子さまの読み方を、いいところを探して声掛けしましょう。

②保護者の方は、お子さまの見本となるような、読み方を心がけてください。

 あれこれ、言うのでなく、“読み方”で、示してください。

③読むことに集中して、文章を楽しんでください。

 (文を解釈するのはNGです。)

④お子さまが、感想を話してきたら、そのまま受け入れ、共感してください。

 (さらに詮索したり、もっと気持ちを引き出そうとはしないでください。

  自然に感じた気持ちを大切にしましょう。“読むことの楽しさ“に集中です。)

 

 

「丸読み」し合うことで、国語力アップは、実は副産物で(^^ゞ

このことは、

お子さまと、気持ちを安定させながら

絆を深めることができる最高のチャンスです。

 

不安な世の中ですが、

小さなシンプルなことで、心を安定させながら

世界をひろげて、楽しむことができるのです。

写真は「オツベルと象」 宮沢賢治さんの作品です。

中1の国語の教科書に掲載されています。

 

 

さらに、たくさん本を読みたくなったみなさん♪

出版社がいろいろとこんな応援企画をしてくれています。

 

 

いくつか紹介させていただきますね。

 

角川つばさ文庫の人気児童書無料公開

こちら →→ https://yomeruba.com/news/entry-9934.html

 

福音館 たくさんのふしぎバックナンバー無料公開

こちら →→ https://www.fukuinkan.co.jp/detail_contents/?id=85

 

この期間を、どう充実した時間を自分で作っていくことができるか

保護者の方々、その背中をお子さまに見せて行くチャンスです

今のあなたの行動が、

未来を担っていくの子どもたちへのプレゼントなのです。